この度、皆様の温かいご支援のもと、衆議院議員に復帰をさせて頂いた。これほど光栄なことはない。全身全霊で国家に尽くす所存だ。

また、党の役職として、副幹事長に就任させて頂いた。

正に身の引き締まる思いだ。甚だ微力ながら、石破茂幹事長を全力でお支え申し上げたい。小さなことでもいい、お役に立ちたい。

思い出す3年半前の衆議院総選挙。自民党不信で大敗。私も落選。
そして、今回の総選挙は民主党の自滅。

結果として、今回の選挙で、自民党は大勝したものの、あくまで比較優位であって、絶対的な優位ではない。

投票率が低かったとはいえ、獲得票の増加が然程無いことからも自民党の支持の本質的な回復が成された訳ではないことが伺える。

石破茂幹事長は、

「自民党は、謙虚で、誠実で、正直な党に変わらなければならない。政権交代対象の民主党が自滅した今、もう一度自民党に有権者は政権を持たせて下さった。ここで、自民党が真に踏ん張らねば自民党が崩壊することはもとより、もう交代が出来なくなり、結果、日本自身が崩壊する。」

という主旨のことを言われている。その通りだと思う。
自民党は、謙虚で、誠実で、正直な党に変わらなければならない。

そのためには、何が必要か。

私は、先人である池田勇人首相の逸話を思い出した。
池田首相は閣議室に入る直前、いつも一旦立ち止まり、手を合わせ、

「どうか神様!閣議で間違えた判断を私がしませんように!」

と祈ったとのこと。

政策の決定は一件一件が正に真剣勝負。真に国家・国民の益に繋がるのかどうか。色々な角度から複雑な案件を吟味をし、結論を出してゆく。

この過程において、一点の曇りもない時、政治は浄化する。

このような心は、地道に一歩一歩進めるしかない。
また、一歩ずつでも進めなければ、永遠に進んでもゆかない。

強い日本とは、真に綺麗な(迷いのない)日本であると思う。
その礎を作るべく、先ず、立派な党作りに励んで参りたい。