46歳になった。実際には夜の8時ぐらいに生まれた。

この世に生を得ることができて本当に嬉しい。今を常に全力で生きていかねばならない、勿体無いと思う。

東北ではあれだけ多くの命が一瞬で亡くなった。
なんと無念であったことだろう。言葉では言い尽くせない。

翻って私は今生きている。なんと幸福な事だろう。

日々の生活に忙殺されて、今、生きていられる事の幸福を常に実感する事は難しい。命が失われそうになって始めて判る。

この命、思う存分、燃やし尽くしたい。世のため人のために私に何ができるのか。

虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願いも尽きなん弘法大師の大願である。

私の名前の弘の字は、弘法大師にちなんだものと、母親に聞いた事がある。

あのような巨人の足元にも及ぶはずも無いが、志は無限に大きく、日々絶え間なく全力で励んで参りたい。