私は中学生の時から卓球を始めた。

小学生の時は陸上部や器械体操部に所属していた。

5年生 市の器械体操大会出場
6年生 市の器械体操大会出場  
市の陸上競技大会出場  60メートルハードル優勝
400メートルリレー2位
県の陸上競技大会出場 60メートルハードル5位
400メートルリレー出場

学校の放課後は、ドッチボールや野球、サッカーなどに毎日汗まみれであった。

そして、中学生へ。私の進んだ中学校では、陸上部も器械体操部もなし。
そこで、以前から興味のあった卓球部に入った。

何故興味があったかというと、単純。親戚が集まった時に卓球台を囲んでみんなでよく遊んだが、一番年下の私は、いつも負け続け。悔しくて強くなりたいと思っていた。

大したきっかけでは無かったけど、いざ、卓球部に入ると目からうろこが剥げ落ちたような感じ。こんなに面白いスポーツがあったのかと。

何といっても私を魅了した点は、玉の軌跡の美しさ。選手が技を駆使して強いドライブ回転を球にかける。強い回転のかかった球は、空気の抵抗を受けて、凄い急激な角度の
放物線を描いて相手の台上に飛び込んでゆく。

その球の軌跡の美しいこと!もう魅せられてしまった。

だんだん技術が上がって行くと、球に縦回転だけで無く、横回転、逆回転をかけたり自由自在で、球を魔術のように扱えるようになる。こんになに卓球が面白いものとは。

中学生の時には、私の戦時型は表ソフトの前陣速効型。そのとき、世界チャンピオンは、日本の河野満選手。あのように強くなりたいと同じ戦型を選んだ。

これが無謀でハイレベルの技術が全く身につかず。いつも大会では一回戦でさようなら。
この戦術、スマッシュを100本打って、51本入ると勝てる!との思想。

なんと私は100本のスマッシュの70本が外へ・・・。これでは勝てるはずもない。
たまたま調子のいい時はよく入って県大会で4回戦まで進んだが、これが最後であった。

高校、大学と卓球部の体育会には入らず。社会人になって、デスクワークでぎっくり腰に。
病院の先生から、「運動不足なので、昔やってたスポーツでもしたら?」と勧められ又始めた。

その時は、昔のような戦型を変えて、裏ソフトのショート主体型。受け身で粘る型に。
これが合っていたらしく、強くなって、3年後には新大阪TRF大会の男子シングルチャンピオンに。

いまも優勝トロフィーには、私の名前が刻まれている。というと、凄く響くのだけど、少人数の小さい大会(笑)。それでも、中学生の時は1回戦ボーイだったので、嬉しくて嬉しくて最高でした。

代議士になった時に、国会に卓球議員連盟を創設。事務局長として切り盛りした。会長には、河村官房長官、副会長に平井、金子国交省副大臣、赤羽財務副大臣、池坊文科副大臣にご就任頂き、総勢で国会議員が60人ほど入会。凄い会になった。

卓球は、

①手軽に運動できる(室内で狭い場所でもOK)
②高齢者でも取り組みやすい(予防医学に向いている)
③地域コミュニケーションにも役立つ
④チームワークも築くことができる(ダブルス)
⑤日本の伝統的な球技(もともと世界大会の全種目を制覇)

であり、今後も益々振興が望まれる(というと、堅苦しくって、本当は楽しいから)。

是非、皆様も卓球に勤しまれたらどうですか?楽しいですよ!
地域の方で、練習場をお探しの方は、是非私まで、お問い合わせをしてくださいね。