Archives for 関の考え方 - Page 128

You are here: » ( » Page 128)
自由民主党 中央政治大学院 春季(地方学生対象) 国会議員事務所(秘書) インターンシップ・プログラム <募集>

自由民主党 中央政治大学院 春季(地方学生対象) 国会議員事務所(秘書) インターンシップ・プログラム <募集>

私が副学院長を務めます中央政治大学院におきまして、この度、地方の学生・大学院生を対象とする「春季 国会議員事務所(秘書)インターンシップ・プログラム」を実施します。 今回は東京での各種インターンシップに参加する機会が少な
副幹事長に就任して

副幹事長に就任して

この度、皆様の温かいご支援のもと、衆議院議員に復帰をさせて頂いた。これほど光栄なことはない。全身全霊で国家に尽くす所存だ。 また、党の役職として、副幹事長に就任させて頂いた。 正に身の引き締まる思いだ。甚だ微力ながら、石
子供に夢を、高齢者に生き甲斐を…そのためにも景気回復!

子供に夢を、高齢者に生き甲斐を…そのためにも景気回復!

やはり、景気回復こそが一番今、日本の最大の問題である。 私は子供たちが好きだ。子供が小学生の時にはPTAの役員をしていた。町では「あい子ちゃんのお父さん」と言われていた。 少年野球やサッカーに生き生きと汗を流している子供
神戸にお金と人を集めて 景気回復、経済回復を!

神戸にお金と人を集めて 景気回復、経済回復を!

リーマンショック以降の経済の打撃状況は言葉を逸するものであるが、このまま手をこまねいている訳にはいかない。 少子高齢化。 税金を納める人口比率が益々減少する中に合って、消費税を上げるしか、社会保障費の財源を直ぐには見つけ
神戸の就業率ナンバーワン作戦 その④「空港産業」

神戸の就業率ナンバーワン作戦 その④「空港産業」

紆余曲折を経て開港にたどり着いた神戸空港。 過去の経緯を眺めていると、騒音公害批判猛々しき頃の市政の苦しい立場が見て取れる。宮崎辰雄市長の回顧録に詳しい。 1946年の「市復興基本計画要綱」に初めて登場し、1969年当時
神戸の就業率ナンバーワン作戦 その③「港湾産業」

神戸の就業率ナンバーワン作戦 その③「港湾産業」

港町、神戸。情緒豊かなこの港の産業運営面はかなり厳しい。港湾産業の国際競争における試練ともいえる。 ターミナルリース料は、他の東アジア主要港と比較すると約2倍の割高。神戸港は自助努力で4割の低減化をしているが、釜山比、未
神戸の就業率ナンバーワン作戦 その②「医療産業」

神戸の就業率ナンバーワン作戦 その②「医療産業」

神戸の今、最大の産業プロジェクトは、「医療産業都市構想」である。私もこの構想を全力で応援したい。 平成10年に神戸医療産業都市構想懇談会が設置され、座長に井村裕夫さんが当時ご就任。 平成11年には先端医療センターと発生・