大阪の製品評価技術基盤機構(NITE)を視察しました。

ここでは、製品の安全性を確認し、製品の直すべきところを指摘してくれる、有難い機構です。

例えば、ズボンの後ろのポケットにスマートフォンを入れて、階段で転んで、スマートフォンが曲がったとします。
その際に、スマートフォンが発火しないか、とか。

電気製品向けの延長コード。
私も家で、長すぎる延長コードを纏めてバラけないように輪ゴムで固めて留めています。

これは危険‼️延長コードを纏めて使っていると、その部分が熱を持ち、発火する危険が凄く高まります‼️

NITEでは、特に大型蓄電池の充電配電時の発火、圧力耐久検査、振動耐久検査などに特に力を入れています。

新しい市場が出来そうな製品の検査を入念に行って、経済をしっかりと支えてくれる縁の下の力持ちですね。

一度皆様、ネットでNITEを調べてみてくださいね。
皆様のお役に立ちますよ〜〜🤗🌸