今日は量子技術推進議員連盟の勉強会に、この分野のオーソリティーのお二人にお越し頂きプレゼテーションをして頂きました。

大阪大学量子情報・量子生命研究センター北川勝浩センター長、
東京工業大学 理学院物理学系 上妻幹旺教授のお二人です。

北川教授からは量子技術の全般的活用体系を、上妻教授からは潜水艦などの量子の論理的技術を教わりました。

量子技術は、宇宙や海中での利用、解析不能なデータの暗号化など、安全保障面も含め幅広い分野で活用可能で、今後大いに期待の出来る世界最先端技術です。

アメリカや中国、日本をはじめ、世界各国がこの最先端技術の開発に、激しいデッドヒートを繰り広げています。

同分野のイノベーションを担当する内閣府の大塚副大臣(右)と共に、研究会の後、記念に写真を撮りました。
せきよしひろ