今日は衆議院の内閣委員会です。

内閣委員会の理事として、西村康稔大臣と新型コロナ対策について、調査を進めました。

7月末頃に今回のピークを迎えていたとの見方はあるものの、
ウィルスが変異をして改めてピークがいつあるかも知れないこと、
同じ人が二度も罹りうる現実があること、
などなど、注意をした対応がこれからも必要だと、色々な角度から議論が行われました。

いっぽうでは、ワクチンの開発、治療薬の開発など、最先端技術の世界の動きも議論になりました。完成をしっかり支援します。

人類とコロナとの闘い、日々の経験により、新たに分かってきたことも多く、今後、一筋の光を何としても手中に収めるべく、精進を積み重ねて参ります‼️
せきよしひろ