今日は自民党本部でのエネルギー総合調査会で、原子力発電について、三菱重工業株式会社の加藤顕彦常務と三牧英仁セグメント長代理に最新の技術開発などについて講義を受けました。

ITER参加7国(日、米、露、EU、中、韓、インド)による核融合実験炉の進捗や、軽水炉、高温ガス炉、マイクロ炉など、各国や当社による多岐にわたる最新技術研究も伺いました。

エネルギーミックス(各発電方法の占有率)では、『3E +S』(安定供給、経済性、環境+安全の英語頭文字)との観点を重視する政府方針のもと、2030年に向けてのエネルギー政策を策定して居ます。

菅総理による2050年のカーボン・ニュートラル(二酸化炭素の排出・吸収が同量)の目標発表に向けて、今、水素やアンモニア、再生可能エネルギーをはじめ、色々な発電方法の研究を更に進めて居ます。

クリーンな地球🌏温暖化を抑えた地球🌏安心安全な地球🌏
みんなで力を合わせて実現してゆきましょう‼️
関芳弘