台湾のIT大臣「オードリー・タン」氏とネット会議をしました。
幼少からコンピューターを習得し、中学校を中退し、なんと15歳で会社を起こした人です。
35歳で蔡英文総統の元でIT大臣として、国の色んなところを、ドンドンIT化されています。
そものもの理念をお伺い致しますと、IT化の根本は、「早さ、公平さ、楽しさ」とのことです。
早いからこそ興味が失せないし、公平であるからこそみんなが使うし、楽しいからこそどんどん広がるし。好循環ですね。
日本のデジタル庁、官民合同組織として、急ぎ設立を目指して、平井大臣も超特急に乗っています。
全面的に私も推進を応援してゆきます🤗🌈🌸☘

関芳弘