不思議なものである。

一切の雑念なく力を合わせる為に本気で集まった少人数の精鋭達の前に、凡庸な敵が何倍集まっても勝つ事はできない。

死に物狂いの戦いをした事のある人が、口を揃えて言う言葉である。

今、日本は死に物狂いの戦いをして居る。

被災された方々、救助隊、原発の正常化に命をかけて取り組む人びと、その他、目立たずとも関係作業に携わっている無数の人びと。

一言では言い尽くせない。

批判に明け暮れている場合では無い。現実に目を向けて一切の雑念を取り払い、復興と再生に取り組む日本で
なくてはならない。