あの法案を通したいのなら、この法案を見直せ。
与党も野党も、ごく普通にこのような考え方で交渉するが、私は反対だ。

法案の内容には、そもそも賛成か反対しかありえない。

国会の運営に、駆け引きがあるのはよく判る。
企業の経済活動や、一般的な家計の運営でも、駆け引きは日常茶飯事だ。

しかし、法案の採決には、このような交換条件の駆け引きは宜しくない。

菅総理の退陣、もしくは、マニュフェストの見直しを条件に、震災復興予算
関連法案を通すかどうか、もしくは、特例公債発行法案を通すかどうか、等等。

その背後になるものは、「政党間の勢力争いのみ」であることは、国民は
とっくに見抜いている。

政党間の駆け引きに、今、国民は飽き飽きしている。ただ、国が良くなることのみ、
それに対して功績のある政党はどこなのか。そのことのみに関心はある。

個別政党から選出されている国会議員。その前に、国民から選出をされている
ことを忘れてはならない。

自民党国会議員である前に、民主党国会議員である前に、先ずは、
国民に対する国会議員であることを忘れてはならない。

早く政権を取り戻そうと必死になって下さる党役員の姿は有難いが、その方法は、
更に考え方を深める必要があるように思う。

国民の幸せに、正直に、真正面から向き合うことは、かえって政権奪還への
早道ではないだろうか。