内部被爆の許容基準値超過の方が、又一人増えた。悲しいことだ。
合計9人となった。

このような実態が報道されるたびに、言葉に出来ないほどの思いに駆られ
ながらも、継続して作業をしている東京電力の作業員は多い。

自分は死ぬのだろうか、残す家族はこれからどうするのだろうか、病状が
進むと苦しいのだろうか・・・・色々な思いを旨に、未経験の災難に対処している。

我々は、テレビや新聞で、東電や現政権の運営を非難をしているが、先ず第一に、
起こってしまったことに、今対処している現場作業員の方を応援すべきだ。

非難は後でいくらでもしたらいいだろう。しかし、今やらねば成らないことは、
現場の正常化以外には何も無いのである。

不幸にも被爆をして、先述のようなことになる危険性を孕みながら、それでも
国家のために、逃げずに作業を続ける職員。家族の方はどのように見送って
いるのだろうか。

今、日本は1億総評論家時代と言われている。評論することは大事であるが、
行動をすることが更に大事である。

しかも行動をせずに評論をしているだけの人は、無責任とさえ思われる。

行動をすべし。行動をすべし。そうすれば、今何をしなければならないか本当に
見えてくるであろうし、行動を実際にしている人の事を批判は出来なくなる。

現実に行動をすることは、非常に難しいことだ。
何らかのミスは付物である。

それを恐れて行動しないことは、罪深いことだ。
行動をせずに、批判だけしていることは更に罪深いことだ。

本日から、また、復旧作業の応援に暫く参加をするが、現場の方々のエールを
確りと送ってくる所存だ。